小春日和

アクセスカウンタ

zoom RSS 行ってきました!F1日本グランプリ 2007 富士スピードウェイ

<<   作成日時 : 2007/10/03 15:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

週末の9月28日〜30日は待ちに待った2年ぶりのF1観戦に行ってきました!
初めての富士スピードウェイ!でも実際は30年ぶりのF1開催らしい。
いやー、雨のなかでのレースは、本当にスリリングで、水煙をあげながら駆け抜ける1.5KMのストレートはかなり迫力があった。Extremely Wetタイヤでのレースって久しぶりに観たような気がする。

日曜日の第1周目は、フリー走行3回目のラスト10分ごろ。もう走らないんだろうなーと思ってたら突然エンジン音が響き始め、何台もが雨の中コースへと出て行った。残念ながらそのままピットに戻る車もあったが、琢磨やアロンソを含む数台は第2周目に入ったので、前日に見たあのスリリングな水煙のストレートを見ることができた。心のなかはワクワクドキドキ、でも正直、顔はヨガんでいた。「ありえない!」

凄まじい水しぶきを上げながら、ものすごいスピードでストレート駆け抜けていく。また音が凄いっっ・・。重た〜い、ウエットな重低音を鳴り響かせながらストレートを駆け抜けていく。それがたまらなくいい(Exciting)! ドライバーには前が殆ど見えなかったらしいけど、よくもそれであのスピードを出せたものだ。第1コーナ手前に50m、100mと表示されているので、ドライバー達はそれを右横に見ながら自分の位置を確認していたらしい・・・。それにしても大きな事故もなく済んで本当によかった。

個人的には、アロンソに優勝して欲しかったので、リタイアして残念だった。
予選が良かったのでバトンにも頑張って欲しかったんだけどなあ。。。
そして一番応援している琢磨は、無事に完走できて取りあえずよかった。デビットソンもね!

GP前の希望的&楽観的順位
1.アロンソ
2.トゥルーリ
3.バトン
4.琢磨
5.ライコネン
(6.7.はハミルトンとマッサ)
8.デビッドソン

予選後の希望的順位
1.アロンソ
2.バトン
3.ライコネン

雨の天候では経験のあるドライバーが有利と言われてる中、ハミルトンは凄すぎる!
多少のスピンはあったものの、結果を出してくる。ルーキーなのにチャンピオンに王手をかけている。
彼のコメントや振る舞いをみていると、タイガーウッズとキャラが重なる。二人とも見本にすべき真のアスリートだと思う。
若くして王者になるには才能、努力、忍耐力、闘志の他に、こういう精神的な安定、冷静沈着、謙虚な姿勢も大事なんだろうなあ。

【後記】
今回のFSWの運営に関してはご存知の通り・・。初めてなので許してあげるけど、来年は絶対に同じ事を繰り返さないと誓って欲しい。そもそも行列に並ぶのが大の苦手だけあって、あの待ち時間にはコリたので、来年は余ほど納得いく改善策が発表されない限り他国での観戦を選ぶだろうなー。シンガポールGPとか・・・行きたいなあ。

それよりも何よりも、結局3日間解消されなかったことがあった。メインスタンド前には全部で5つのスクリーンがあるが、何故か真ん中のスクリーン”1つ”だけしか使われておらず、残り4つのスクリーンは真っ白またはスポンサーのロゴが映されていた。一番端っこのスクリーンの前の席だったので、真ん中のスクリーンまでは結構遠く、まして決勝日なんて雨だから全く映像をみることができなかった。何故、目の前のスクリーンで映さないんだろう?・・と3日間ブツクサ言っていた。きっと決勝日は全スクリーンを使って放映してくれだろう!そうに違いない!!と期待していたが、結局最後まで真ん中のスクリーン1つしか使ってくれなかった。何故だろう…全く理解不能。
画像


金曜日は暖かくて天気もよくて、最高だったのになあ〜↓
画像


2007年9月28日 快晴、気温30度! <フリー走行1、2>
■新宿→新松田 ロマンスカー始発 7:00発
■新松田 シャトルバス乗り場で1時間待ち 9:20出発
■富士サーキットに9:55頃到着 → 会場まで結構歩く
■A2席(メインスタンド)に10:20頃到着 → フリー走行観戦
■フリー走行弟2回終了15:30、終了直後シャトル乗り場へ急ぎ足で向かい、待ち時間0分でシャトルに乗る16:00頃(ナイス!)
■新松田駅17:02発急行に乗って、18:25新宿着!!!!すばらしい!

2007年9月29日 雨(小雨) <フリー走行3、予選>
■新宿→新松田 ロマンスカー始発 7:00発
■新松田 シャトルバス乗り場まで徒歩約20分、バス乗り場(足柄上合同庁舎)で約1時間待ち、9:25出発
■約1.5時間後にやっとサーキットに到着。入り口がバス渋滞で30分は時間を取られた。11時からの予選開始には間に合わなかったが幸い雨で1台も走っておらずセーフ!(気温14度、小雨、とにかく寒くてブルブル。座っていられず、立って体を動かしながら時間を潰す)
■予選終了直後、急いでバス乗り場に向かうと・・・。その道は人で渋滞、30分後にバス乗り場到着、寒い中その場で体を動かしながら永遠にバスを待つ。あと30分ぐらいかな?というころ日が暮れた。ちょうどiPodにライブを収録したCDが入っていたので、それを聞きながらこの人のじゅうたんを”野外ライブ会場”だと思って。ライブにいる気持ちで体をゆすりながら気を紛らわしていた。結構このライブCDのおかげで、仮想ライブにいる感覚で気も心も温まった(笑)。
■3時間待った後、ようやくシャトルに乗れた。でも後ろにはまだ少なくとも3時間〜5時間分の待ち人でごった返している。気の毒に思いながらサーキットを去る。45分で新松田のバス乗り場着 →新松田近郊のホテル着。
■22:30頃、夕食からホテルに戻るとサーキットからやっと到着した人達がチェックインしていた(T_T)。やはり3時間後・・・つまり彼らは6時間待ったということだ。あの何もない東ゲートの草むらで、日没と寒気のなか6時間。。気の毒である。

2007年9月30日(日) 雨 <決勝>
■5:30起きで、6:00にホテルを出てタクシーでシャトル乗り場へ。6:15バス乗り場(足柄上合同庁舎)に到着、待ち時間”0分”でシャトルに乗れた!!早起きは三文の徳ってこれかあ。
■7:00にサーキット東ゲートに到着!流石に早い時間だからゲート付近のバス渋滞も無く、45分しかかからなかった。でも6時間なにする?(笑)
■決勝SC誘導にてスタート13:30。散々迷った挙句、前夜の3時間待ちには流石にコリたので、泣く泣く、本当に泣く泣く、残り20周のSCが入っているところで15:00に席を立ち、バス乗り場へ向かった。既に人の渋滞で15:30東ゲートのバス乗り場着。
■5分も立たないうちに2列(かなりの量)後ろに列が出来るほど凄まじい勢いで待ち人が増えていく。しかし昨日の反省からシャトルバスが次から次に来て、流れが昨日の倍。それでも1.5時間待ちシャトルに乗車。
■新松田発の急行電車に18:00前には乗っていたので、時間に関しては上手くいった。しかし20周も残してサーキットを去ってしまったことに対して、なんてこったい…とその後ずっと自分を責める羽目に・・・反省。でもどっちが良かったのかは分からない。

ちなみに今回のチケットは61000円もするA2席であった。。。

画像





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
行ってきました!F1日本グランプリ 2007 富士スピードウェイ 小春日和/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる